旬な情報、気になる事柄などを個人的な視点でお届け!

アパートやマンションの部屋探しで気を付けたいガスのお話。プロパンガスはやっぱり高い!

プロパンガス00

プロパンガス00

賃貸アパートやマンションの転居で、新たな部屋を探す際に気にすることと言えばやはり家賃ですよね。毎月支払うものですから当然と言えば当然です。しかし今回はその他にも支払う必要のある光熱費、その中でもガス料金にスポットを当ててみたいと思います。

 
 
 

ガスには『都市ガス』と『プロパンガス』がある

プロパンガス01

マンションやアパートなどの集合住宅でオール電化でない場合、都市ガスプロパンガスのどちらかが使用されています。この違いは簡単に言えば公共料金自由料金か、ということなります。

公共料金というのはつまり日本国政府が認可する料金のことであり、この場合で言えば都市ガスがそれにあたります。一方、自由料金というのはその名の通り販売元が自由に価格を決める料金のことで、これがプロパンガスにあたります。

これは不動産屋さんなどで見せてもらえる物件情報にもほとんどの場合記載されていますし、聞けば必ず教えてもらえます。

 
 
 
 
 

都市ガスとプロパンガスではどちらが安いのか

プロパンガス02

単刀直入に結論から言ってしまいますと、料金は都市ガスのほうが安いです。

プロパンガスの料金が高い理由は後述しますが、地域やガス会社によっては倍やそれ以上、中には3倍も値段が違うという話も聞きますので、アパートやマンションの部屋を探す際は、避けたほうが無難かと思います。

 
 
 
 
 

なぜプロパンガスは高いのか

プロパンガス03

プロパンガスの場合、あの大きなガスボンベを定期的に交換する必要があり、その運搬費用人件費がかかります。

また最初の設置費用ですが都市ガスは大家さんの負担であるのに対し、プロパンガスはガス会社の普段し、その設置費用分を毎月のガス代に上乗せされるのです。つまり、アパートやマンションの大家さんが得した分を、入居者がガス代として肩代わりする、という仕組みになっています。

 
 
 
 
 

プロパンガスの料金を下げることは可能か

プロパンガス04

一軒家の場合でしたらリサーチして料金の安い他のガス会社に変えることも出来ますし交渉も出来ますが、アパートやマンションの場合は大家さんに動いてもらうしかありません。

中には、入居者が毎月いくらくらいのガス料金を支払っているのか把握していなかった人の良い大家さんでしたら、そんなに高いんだったら……とガス会社を変えてくれたり交渉してもらえることもあるようですが、それは稀なケースで、基本的には1入居者が大家さんやプロパンガスの会社に交渉してみても、ほとんど効果はありません。

ただし、プロパンガス会社に対し「団体交渉させていただいてもよろしいでしょうか?」と、『団体交渉』の言葉を出すと多少反応が違ってくる場合もありそうですが、これも成功率はそれほど高くないかと思います。

つまり結論としてはアパートやマンションなどの集合住宅の場合、1入居者がプロパンガスの料金を下げさせるというのは殆ど出来ないと考えて良いかと思います。

 
 
 
 
 

ガス代の捉え方を変えて、家賃だと考える

プロパンガス05

同じ地域内で、都市ガスを使っている賃貸物件とプロパンガスを使っている賃貸物件では、上記のように『プロパンガス=高い』という認識が一般的にありますので、その分プロパンガスの物件のほうが家賃設定は安くなっている場合が多いかと思いますので以下のような計算をしてみますと、

 

都市ガス物件  :家賃70,000円 + ガス代4,000円 = 74,000円
プロパンガス物件:家賃65,000円 + ガス代8,000円 = 73,000円

 

となり、プロパンガス物件のほうが毎月の支払いは安いということになります。
もちろんこれは本当に単純な一例ではありますが、こう考えるとそれほど悪くもないかと思います。

また部屋探しの段階で「すごく良い部屋だと思うがプロパンガスというのがちょっとネックだ」というようなことを不動産会社のほうに伝え、家賃の値引き交渉の材料に使えます。

余談ですが私は賃貸物件の家賃は、値引き交渉がされることを見越した価格を掲示していると考えています。そのため必ず値引き交渉をしますし、掲示価格のまま入居したことはありません。

 
 
 
 
 

プロパンガスのメリット

プロパンガス06

では今度は逆に、プロパンガスであることのメリットについて紹介します。

火力が強い

プロパンガスは都市ガスに比べると、倍ほど火力は強いそうです。そのため単純な話、お風呂を沸かせる時間なども都市ガスで20分かかるところを、プロパンガスなら10分で済みます。

環境に優しい

プロパンガスはCO2や硫黄化合物の排出量がとても少なく有害な排気ガスも全く出ませんので、地球環境への影響をほとんど与えないクリーンエネルギーとも言えます。

災害に強い

プロパンガスは設置等が非常に簡単にできますため、震災などが発生した際にもすぐに復旧させることが出来、じつはとても役立ちます。都市ガスの場合、ガス管を地中に埋め込んでいますので、それを復旧するには大きな工事が必要となり、かなりの時間がかかります。

 
 
 
 
 

まとめ

プロパンガス07

上記のようにプロパンガスはメリットももちろんありますし、料金が高いとば言えアパートやマンションの家賃との兼ね合いもありますので、そういった点を十分に考慮した上でお部屋探しを行っていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Recommend
No articles